「妻有の地で学ぶ」

妻有地域に進む高齢化は、今後、全国に広がり、病院完結型医療から、 医療・ケアと生活が一体化した地域完結型医療へ移行する必要があります。地域完結型医療には行政や福祉施設と連携した在宅医療提供が欠かせず、看護師の役割はますます重要になります。

本校では、医療ニーズ変化に対応するため、地域の多くの施設の協力を受け、ふれあいを通じた豊かな人間性の育成や、人々の思いを大切にした看護実践能力の修得に重点を置いた教育を行うこととしています。

看護師は、健康や命に関わる責任の重い仕事であると同時にやり甲斐と誇りを持てる仕事です。看護師になりたいという夢の実現に向けて、教職員が一丸となって全力で支援しますので、熱意ある皆さんの入学を心からお待ちしています。

学校長塚田 芳久

新潟県病院局参与
新潟県立新発田病院院長

学校長 塚田 芳久